ZC72S スイフトRS純正 プロジェクターヘッドライト純正 HID 【正規取扱店】

ZC72S スイフトRS純正 プロジェクターヘッドライト純正 HID
用品の種類···ヘッドライト カーライトのタイプ···HID・キセノン 対応車種メーカー···スズキ ZC72SスイフトRS 純正プロジェクターヘッドライト HIDバルブ バラスト付き 爪割れ、破損無し。 スイフトスポーツでも使えると思います。 最近インナーブラックのヘッドライトに交換したので取り外しました。取り外すまで問題なく使用していました。 見た目それなりに綺麗で、目立つ傷等見受けられませんが、使用していたので見落とし傷や小傷、汚れあると思います。 多少黄ばみ出てますが、軽く磨けば綺麗になるレベルだと思います。そろそろ磨こうと思ってた時に交換したので磨いていません。 片側ずつ購入すると左右で劣化具合が違うので左右交換が理想かと思います。また、ヤフーなどでも出品ありますが、大体バルブ&バラスト無しが多いのでお得かと思います。 左右セットで大型になり、メルカリ便が使えないので着払いでの発送になりますが、値引き無しで購入頂けたら送料込になります。 また送料はニ個口で着地が分からない上、当方運送業者ではないので持ち込んでみないと分かりません。 宜しくお願い致します。 ZC72S ZC32S スイフト スイフトRS スイフトスポーツ
【オリックス-ヤクルト】五回表ヤクルト2死一、二塁、山田が左越え3点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影 拡大
【オリックス-ヤクルト】五回表ヤクルト2死一、二塁、山田が左越え3点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影

○ヤクルト7―1オリックス●(25日・京セラ)

 主将のお目覚めだ。先発メンバーのうち、唯一1、2戦ともに無安打と調子の上がらなかったヤクルト・山田哲人。指揮官の任せた「1番」打者で、背番号「1」の大黒柱が、日本シリーズ2勝目を引き寄せる価値ある一発を放った。

 打線がオリックス先発・宮城大弥の緩急を生かした投球に手を焼きながらも作った五回2死一、二塁の好機。1ストライクからの2球目、147キロ直球を山田らしい体全体の回転を使ったスイングで左翼席に運んだ。「しっかりミートしようと。ただそれだけ」

 初戦は4三振を喫するなど、2戦目まで9打数無安打。この日の第2打席で詰まった当たりが幸いしてようやく初安打が生まれた。苦悩する姿を見てきたのだろう。ベンチでは、シーズン通して苦楽をともにしてきた村上宗隆が跳び上がりながら手をたたき、子どものように喜んだ。そんなベンチの様子に「うれしい。たくさん迷惑を掛けていたし、杉村(繁)コーチ、大松(尚逸)コーチにもアドバイスいただいた。感謝したい」と笑顔を見せた。

【オリックス-ヤクルト】五回表ヤクルト2死一、二塁、3ランを放った山田(左端)を迎えるヤクルトの選手たち=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影 拡大
【オリックス-ヤクルト】五回表ヤクルト2死一、二塁、3ランを放った山田(左端)を迎えるヤクルトの選手たち=京セラドーム大阪で2022年10月25日、中川祐一撮影

 今季はリーグ戦でも不調が続き、優勝後には涙を見せて村上に抱きとめられる姿もあった。「一つの目標はクリアできたのでうれしいが、個人成績だけでいえば本当に悔しいというか、情けないというか。もっと頑張らないといけない、もっと練習しないといけない」。迎えた日本シリーズは好守でチームに貢献したが、バットではブレーキとなっていただけに、喜びもひとしおだ。

 初安打の他にもう一つ、この日変わったことがある。3番から1番に置かれた打順だ。宿舎での昼食後、高津臣吾監督から「(打順変更は)どうだ」と告げられた山田は「監督の指示に従います」と返した。不調だった夏場、高津監督が3年ぶりに1番に据えると、思い切りのいいスイングで先頭打者本塁打を放ったこともある。

 「責任感の強い男なので打っていないことも多少は気にしていたと思う。これで吹っ切れたんじゃないか」。高津監督がそう言えば、山田は「結果が出ていようが、出ていまいが、今日は今日という形で挑まないといけない。また結果を出せるように頑張る」。球団初の2年連続日本一へ、これほど頼もしいことはない。【中村有花】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. ライト
  3. HID プロジェクターヘッドライト純正 スイフトRS純正 ZC72S
ジムニーjb23 5型から9型用簡単取り付けオートライトキット