JAOS LED フォグランプ 26C クリアー jaos 超人気新品

JAOS LED フォグランプ 26C クリアー jaos
¥45000→¥27500 半額お値下げ。9月15日まで 中身の確認のため開封してあります。 新品未使用です。 仕様 消費電力19w、明るさ2,200lm(ルーメン) 寿命:約5,000時間、防水規格:IP67 サイズ:直径157mm×奥行110mm ランプボディ:アルミ(ダイキャスト) レンズ:ポリカーボネート ストーンガード:ABS 取付ブラケット:ステンレス、ブラック塗装 用品の種類···フォグランプ・デイランプ カーライトのタイプ···LED 対応車種メーカー···汎用
外国樹種見本林の入り口にあるストローブ松の林=北海道旭川市で2022年10月8日、山本直撮影
外国樹種見本林の入り口にあるストローブ松の林=北海道旭川市で2022年10月8日、山本直撮影

 北海道旭川市の三浦綾子記念文学館は「氷点」の舞台となった外国樹種見本林の入り口に建つ。幼い娘ルリ子を殺された病院長の辻口啓造は妻夏枝の不貞を疑い、ゆがんだ感情から「殺人犯の娘」である陽子を引き取って育てる。綾子の設定は厳密で、辻口邸は本館隣の分館の位置。夏枝から「真実」を告げられ、心が凍ってしまった陽子が睡眠薬を飲む美瑛川畔は林を突っ切った最奥にあたる。

 学芸員の長友あゆみさんと林内を歩いた。広さは旭山動物園とほぼ同じ約15ヘクタール。ごみ一つなく、作品の場面と照らし合わせた解説板も控えめだ。チップの敷き詰められた歩道が足裏に心地よい。あちこちに背の低い樹木があるのは、8年前の台風で多くの木が倒れた後に植林したからだという。

林の中に建つ三浦綾子記念文学館=北海道旭川市で2022年10月8日、山本直撮影
林の中に建つ三浦綾子記念文学館=北海道旭川市で2022年10月8日、山本直撮影

 本作が入選する朝日新聞の懸賞小説の募集社告は1963年元旦に掲載。「市内で雑貨店を営んでいた綾子はすぐにここを舞台に書こうと決めました。早くも1月19日、後に口述筆記で創作活動を支える夫の光世と取材に訪れ、以後も通い詰めています」(長友さん)。その2年半前、初訪問時の印象は「美しいが不気味なところ」だったといい、長編の冒頭、辻口邸の傍らにあるストローブ松の林を「その影が生あるもののように、くろぐろと不気味に息づいて見える」と描写している。

 秋雨が上がり、夕日が林を照らし出す。気味悪さはみじんもなく、ただ静か、そして美しくすがすがしい。「カサッ」という音に視線を落とすと、歩道をエゾリスが横切っていた。【山本直】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. ライト
  3. jaos クリアー 26C フォグランプ LED JAOS
N-BOX JF1 イベント仕様 valenti テールランプ シーケンシャル