「355」テールライト Anzo1XYG93 トヨタタンドラ 2007-2013 全商品オープニング価格!

「355」テールライト Anzo1XYG93 トヨタタンドラ 2007-2013
コンディション新品 タイプ:テールライトセット ブランドアンゾ 部品番号:1XYG93 2007-2013 トヨタ タンドラ フィットの注意事項 テールライト組立 -- LED; スモークレンズ; ブラックハウジング; ペア いくつかキズ、破損している箇所があります。 画像でご確認ください。 #テールライト #新品 #トヨタ #タンドラ
西九州新幹線が開業し、長崎方面に向けてJR武雄温泉駅を出発する「かもめ」=佐賀県武雄市で2022年9月23日午後0時3分、本社ヘリから平川義之撮影
西九州新幹線が開業し、長崎方面に向けてJR武雄温泉駅を出発する「かもめ」=佐賀県武雄市で2022年9月23日午後0時3分、本社ヘリから平川義之撮影

 佐賀県武雄市の市図書館・歴史資料館で、九州新幹線長崎ルート(西九州新幹線)の開業を記念する企画展「新風颯爽(しんぷうさっそう)かもめ翔(と)ぶ」が開かれている。1895(明治28)年に開通し、今は新幹線「かもめ」も停車する武雄と鉄道の歴史をふり返る。入場無料。11月6日まで。

 武雄の領主、鍋島茂義(1800~62年)らが収集した「武雄鍋島家洋学関係資料(2224点)」は、2014年に国の重要文化財に指定された。

国の重要文化財に指定されている武雄鍋島家洋学関係資料の一部である西洋から輸入された青い合成顔料=武雄市図書館・歴史資料館提供
国の重要文化財に指定されている武雄鍋島家洋学関係資料の一部である西洋から輸入された青い合成顔料=武雄市図書館・歴史資料館提供

 展示している「商工業雑誌」はその中の1冊で、アムステルダムで刊行された商工業の解説書。蒸気機関車などが絵入りで紹介されているが、手あかの付き方から武雄ではこうした知識が早い時期から知られていたとみられるという。

 絵の才能もあった鍋島茂義が長崎から取り寄せた西洋の青い合成顔料も展示。この顔料が伝わったことで、浮世絵など日本絵画の青色の表現は、画期的な進歩をとげたという。新幹線武雄温泉駅のホームドアは、これにちなみ青色となった。

京都-博多間を走った特急「かもめ」のヘッドマーク(左)=佐賀県武雄市の市図書館・歴史資料館で2022年10月4日午前11時59分、西脇真一撮影
京都-博多間を走った特急「かもめ」のヘッドマーク(左)=佐賀県武雄市の市図書館・歴史資料館で2022年10月4日午前11時59分、西脇真一撮影

 また、1953年から京都―博多間を走った特急「かもめ」のヘッドマークや、75年に武雄温泉に改称される前の武雄行きの行き先表示板などもある。

 同館歴史資料係の近藤貴子さんは「ぜひ家族で見に来て、旅の思い出話などで盛り上がってほしい」と話している。【西脇真一】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. ライト
  3. 2007-2013 トヨタタンドラ Anzo1XYG93 「355」テールライト
80 後期 ヴォクシー 左 LED ヘッドライト