「354」ヒュンダイ 2011-2014 ソナタ ハイブリッド用 テールライト 有名な高級ブランド

「354」ヒュンダイ 2011-2014 ソナタ ハイブリッド用 テールライト
OEM LED Rear Tail Light Lamp Assembly LH 2ea for HYUNDAI 2011-2014 Sonata Hybrid OEM LED リア テールライト ランプ アセンブリ LH 2ea ヒュンダイ 2011-2014 ソナタ ハイブリッド用 ※新品未使用品ですが配送時についた傷や破損があり、数か所割れているところがあります。 破損個所の写真は3枚目と4枚目にあります。 Condition:New Brand:HYUNDAI OEM Manufacturer Part Number: 924014R000,924034R000 Other Part Number:OEM Genuine Parts Placement on Vehicle:Rear, Left Country/Region of Manufacture:Korea, Republic of Composition:2ea UPC:8806391531442
カッパの「ガジロウ」をあしらった観光レンタカー「妖怪ガジPod」=福崎町で2022年10月20日午後3時12分、喜田奈那撮影
カッパの「ガジロウ」をあしらった観光レンタカー「妖怪ガジPod」=福崎町で2022年10月20日午後3時12分、喜田奈那撮影

 妖怪を使った町おこしに力を入れる兵庫県福崎町が、カッパの「ガジロウ」のイラストをあしらった観光レンタカー「妖怪ガジPod(ポッド)」の貸し出しを始めた。9月の導入以降、15回ほど利用され、リピート客もつく人気ぶりだ。町担当者は「妖怪気分で町内外の観光スポットを巡ってほしい」と話す。

 ガジポッドは2人乗りの小型電気自動車。最高速度は60キロで高速道路などは走れないが、満充電で150キロの走行が可能。ボンネットにはガジロウが両手を広げて池から飛び出る姿、後部には寝転ぶ姿が描かれている。両側面はガジロウがハンドルを握る絵で、窓から見える利用客の顔がガジロウとつながる奇抜なデザインだ。「こわおもしろい」がコンセプトだという。

 民俗学者・柳田国男の出身地の福崎町には、奈良時代の「播磨国風土記」に登場する関西百名山の七種(なぐさ)山や、疫病を退散させるとされる「アマビエ」などが座っている「妖怪ベンチ」など、観光スポットが多くある。だが駅から遠かったり、坂道になっていたりして、徒歩や自転車で回るのは一苦労。ガジポッドで移動のハードルを下げ、滞在時間や観光消費額の拡大につなげたい考えだ。

 車体が小さいため、妖怪ベンチに横付けすることもできる。町担当者は「車と一緒に映える写真が撮れます」とおすすめの活用方法を語る。

 ガジポッドの利用は午前8時~午後6時で、土日祝日の予約制。4時間3000円、10時間5000円、2日間8000円。問い合わせは神崎交通(0790・22・3322)または町地域振興課(0790・22・0560)。【喜田奈那】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. ライト
  3. 「354」ヒュンダイ テールライト ハイブリッド用 ソナタ 2011-2014
専用です。