UDトラックス 純正 LED テールランプ クオン ボルボ 24V 品質が

UDトラックス 純正 LED テールランプ クオン ボルボ 24V
新車外しのUDトラックス純正LEDテールランプです。 本物です。 海外製の安物の偽物が出回っていますがこれは安心してください。 写真3枚目、見づらいかと思いますがちゃんとUDマークついてます。 海外製にありがちな不具合はないかと思われます。 ちゃんと裏には配線もわかるように書いてあるのでカプラーさえ用意してもらえれば24Vならどんな車種にも装着可能かと思われます。 よろしくお願いいたします。
【オリックス-ヤクルト】四回裏オリックス無死、吉田正が左前安打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影 拡大
【オリックス-ヤクルト】四回裏オリックス無死、吉田正が左前安打を放つ=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影

ヤクルト―オリックス(25日・京セラ)

 厳しい攻めに負けず、バットを振り切った。オリックスの主砲・吉田正尚は徹底して内角を突かれても動じずチーム初安打を放ち、打線を勢いづけた。

 四回、先頭打者として打席に入った。2ボール1ストライクからの4球目、ヤクルトの先発左腕・高橋奎二が投じた内角の147キロ直球に反応した。厳しいコースで詰まらされたが、持ち前のパワーで押し負けない。フラフラッと上がった打球が遊撃手と左翼手の間で弾みチーム初安打。得点にはつながらなかったが、その後、宗佑磨の二塁打も飛び出すなど、序盤の重苦しい雰囲気を吹き飛ばした。

 ヤクルトバッテリーが最も警戒する打者で、シリーズ初戦からしつこい内角攻めにあった。カウントを悪くしてでも体すれすれを攻められ、2試合で5四球。好機を中心に徹底的に勝負を避けられ、自分のスイングをさせてもらえなかった。この打席でもインコースを攻められたが、一振りではね返した。

 左腕を苦にはしておらず「(投手との)相性とかは気にせず、自分のスイングをしっかりする。好き嫌いは作らないよう心がけている」という。15日のソフトバンクとのクライマックスシリーズでも左腕の和田毅から本塁打を放っている。

 ヤクルトは第4、5戦ともに左腕が先発投手で登板することが予想される。攻め方を変えさせるためにも、内角一辺倒では通用しないということを示す一打となった。【潟見雄大】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. ライト
  3. UDトラックス 純正 LED テールランプ クオン ボルボ 24V
ランドクルーザープラド 150系 後期 フロアマット 7人乗り用 純正