LEDライトバー ワークライト Type2 rav4,プラド,ハイラックスなど ラウンド

LEDライトバー ワークライト Type2  rav4,プラド,ハイラックスなど
LEDライトバー Type2 112cm 210W 21600lm 12v/24v兼用 オレンジとホワイトのLEDライトバーを備えた超スリムの” Type2 ”新登場。CREE製ハイパワーLED 210w出力は視界の悪いオフロード時などに最も効果を発揮します。オレンジ(60度フラッドビーム)とホワイト(20度スポットライト)の光の同時点灯、単色点灯が切り替え可能。夜間照明にはホワイトのライトのみを使用し、コントラストを強化するにはオレンジ(霧や雪に最適)を使用するか、ホワイト×オレンジと合わせて最大の光と視認性を実現します。 ※こちらの製品には車種専用ブラケットは付属しません。 汎用ステーのみ付属します。 ■動作電圧:9-36V ■消費電力:210W ■動作環境:-40Fから+140F ■LED:Cree LED XLamp 5W×42基=210W ■光束:21600lm ルーメン ■保護等級:IP67 ■色温度:6000K / ホワイト×オレンジ ■ケース材質:ダイカストアルミハウジング+高透過率PCレンズ ■レンズ材質:PMMA ■長さ:1120mm (44インチ) ■重量:(2.80 kg)
【東京-琉球】第4試合、ショットを放つ東京の篠塚大登=川崎市川崎区のカルッツかわさきで2022年10月23日、宮武祐希撮影 拡大
【東京-琉球】第4試合、ショットを放つ東京の篠塚大登=川崎市川崎区のカルッツかわさきで2022年10月23日、宮武祐希撮影

 卓球のノジマTリーグは23日、川崎市スポーツ・文化総合センターなどであり、男子の東京は琉球に2―3で敗れた。

 昨季王者の東京が苦しんでいる。接戦をものにできない試合が目立ち、開幕から1勝7敗で最下位に沈む。

 この日も紙一重の差を埋められなかった。第2試合と第4試合は、15歳の松島輝空と18歳の篠塚大登が、それぞれフルゲームまでもつれた末に落とした。

 2―2で迎えた11点勝負1ゲームのみの「ビクトリーマッチ」は、第3試合を逆転で制していた及川瑞基を起用。この日の「ラッキーボーイ」になるかに思えたが、琉球の吉村真晴とは打球の精度に差があり、最後は自身のサーブミスで敗戦が決まった。

 ボタンを一つ掛け違えたかのような、もどかしい惜敗が続く。東京の倉嶋洋介総監督は「勝利に近づくことはできるのだけれども、そこを乗り越えられない」と首をかしげた。

 及川は2021年全日本選手権男子シングルス王者で、松島や篠塚も日本期待の若手。タレント集団に現在の順位は似合わない。倉嶋総監督は「選手たちは勝つことが栄養素。勝たないと意味がない。(次戦まで)約1カ月あるので、もう1回勝てるように練習していくしかない」。勝利を誰よりも知る王者の調整力が問われている。【高野裕士】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. ライト
  3. LEDライトバー rav4,プラド,ハイラックスなど Type2 ワークライト
エクストラ アームレスト for ジムニー JB64/JB74 2本セット