ムラーノ Z51 後期テールランプ一式 【希望者のみラッピング無料】

ムラーノ Z51 後期テールランプ一式
Z51型 ムラーノの後期テール一式になります。 素人の確認になりますがツメなどの欠けもなく状態は綺麗な方かと思われます。 カスタムや予備品としていかがでしょうか? また、中古品になりますので返品・返金は対応できません。
【ヤクルト-オリックス】二回表オリックス1死満塁、右前適時打を放ち喜ぶ紅林=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影 拡大
【ヤクルト-オリックス】二回表オリックス1死満塁、右前適時打を放ち喜ぶ紅林=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影

 オリックスの「日本シリーズ男」である3年目の20歳、8番・紅林弘太郎が反撃の一打を放った。

 2点を追う二回、四球と2連打で1死満塁となった場面で、今シリーズ初打席を迎えた。「(気持ちが)引かないように。(ボールを)見て見てじゃなくて、しっかり振って攻めて攻めて」。短期決戦で積極的にバットを振ることを強く意識して臨んだ。

 1ボールからフォークを空振りしたが、積極性を失わなかった。次の3球目。145キロの甘い直球を素直に、逆らわずに右前に運ぶ適時打を放った。「下位打線が打ったら乗ってくる」との言葉通り、打線は上位につながり、1番・福田周平が押し出し四球を選んで追いついた。

 紅林は新人だった2020年の2軍時代を知る中嶋聡監督に昨年、見いだされた。打率は低迷しながらも、将来性を期待されて136試合に出場した「秘蔵っ子」だ。今季も数字は物足りないものの、レギュラー格で起用され続けた。

 昨年のクライマックスシリーズファイナルステージで無安打に終わった。しかし、日本シリーズでは「結構、緊張した」と言うものの、「まずはショートなので守備をちゃんとやろう。まず守備を第一に」と割り切ったのが奏功し、打撃でも6試合に出場して打率3割1分8厘と活躍した。

 自身2度目の日本シリーズ前には「チャレンジャー精神をちゃんと忘れずやっていきたい」と気を引き締めていた。初戦から臆することなく積極的にバットを振り、大舞台での強さを見せた。【荻野公一】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. ライト
  3. 後期テールランプ一式 ムラーノ Z51
pilosy様専用 ハイエースセンターコンソール