ジェット 【売り切り御免!】

ジェット
商品の説明はありません
群れ泳ぐ日本固有種ユウゼン=東京都小笠原村で、三村政司撮影
群れ泳ぐ日本固有種ユウゼン=東京都小笠原村で、三村政司撮影

 日本の固有種、ユウゼンです。

 サンゴ礁などをひらひらと舞い泳ぐチョウチョウウオの仲間です。白く縁取られた黒いウロコが全身を覆うさまが、伝統的な「友禅」着物を思わせるから、と名づけられました。

 光が当たると、深いメタリックグレーに鈍く輝きます。尾ビレと背、尻ビレの鮮やかな黄色も目を引きます。

   ◇

 本来の友禅は染色の手法のことで、黒っぽい色に限らずさまざまな色があります。でも、渋く落ち着いた色あいの固有種には和装に関わる名前がふさわしい、とそのまま標準和名にも採用されました。黄色など派手な色のチョウチョウウオがきらびやかなドレスとすれば、ユウゼンはしっとりした留袖着物なのです。

 ダイバーが一度は目にしたい、と話す人気のサカナです。観賞魚愛好家、特に海外の愛好家にとっても憧れの的なのだとか。ユウゼンは日本的な見かけですが、美を感じるヒトの心は世界共通です。

   ◇

 ところで、オレンジ色と白のストライプで知られるクマノミも小笠原では黒と白です。この黒っぽいチョウチョウウオも、ごくまれに別の場所で見つかることがあるものの、ほぼ世界で唯一、小笠原と八丈島周辺だけで暮らしています。

 「東洋のガラパゴス」と呼ばれる島の海には、体色を黒くさせる何かがあるのでしょうか。不思議です。

   ◇

 普段は、雌雄のペアで行動しています。1メートル以上離れることがない仲むつまじさですが、初夏などに「ユウゼン玉」とダイバーが呼ぶ100匹程度の群れを作ります。群れる理由はよくわかっていません。一般的に生き物が集団を作る目的は、食事と繁殖です。

 ユウゼンは、サンゴや岩についた藻のほか、スズメダイなどが岩陰に産みつけた卵を食べます。気が強いスズメダイの親の攻撃をかわすため、集団で卵を襲っているという説があります。スズメダイの産卵期とユウゼン玉の季節は重なります。

 ふたつめに考えられているのは、集団産卵です。八丈島での捕獲調査によると、メスの体内卵の発達具合は、群れを作る時期とほぼ一致するそうです。ただ、普段は雌雄ペアで行動しているため、さらなる説明が欲しいところです。

   ◇

 ユウゼンに限らずチョウチョウウオの仲間の繁殖活動については全くわかっていないのです。産卵の様子が観察されたことすらありません。チョウチョウウオの仲間はよく見かけるのに、不思議なことです。

(東京都小笠原村で撮影)【三村政司】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. エンジン、過給器、冷却装置
  3. ジェット
新品 rav4 リフトアップ スペーサー 2006〜2018 2インチ トヨタ