ベストスタイル クラウン マークX 用アッパーアーム 安いそれに目立つ

ベストスタイル クラウン マークX 用アッパーアーム
ベストスタイルのリア用アッパーアームです。 130系マークxにて使用していました。 使用期間約2年程です。左右共にブーツに亀裂が見られます。使用していた時は問題ありませんでしたがそのまま使用される際は自己責任でお願いします。それ以外は特に問題ないと思われます。 マークX、クラウン等にいかがでしょうか。 中古品ですので返品、交換お受けできません。ご理解ある方のみ購入お願いします。
フシバカマの蜜を吸うアサギマダラ=和歌山県上富田町市ノ瀬で2022年10月22日午前10時25分、竹内之浩撮影 拡大
フシバカマの蜜を吸うアサギマダラ=和歌山県上富田町市ノ瀬で2022年10月22日午前10時25分、竹内之浩撮影

 「旅するチョウ」と言われるアサギマダラが、和歌山県上富田町市ノ瀬のフジバカマの花畑に多数飛来し、優雅な姿を写そうと多くの写真ファンらが訪れている。

 フジバカマの蜜はアサギマダラの好物。地元有志団体「Daruma CLUB(ダルマクラブ)」が、5年前から興禅寺近くに約200平方メートルの花畑「アサギマダラの丘」を設けている。吉田耕司代表(68)によると、今年は10月12日から飛来が始まり、11月10日ごろまで楽しめそうだという。

フジバカマの花畑を飛ぶアサギマダラ=和歌山県上富田町市ノ瀬で2022年10月22日午前10時17分、竹内之浩撮影 拡大
フジバカマの花畑を飛ぶアサギマダラ=和歌山県上富田町市ノ瀬で2022年10月22日午前10時17分、竹内之浩撮影

 奈良県の自営業、外村晴彦さん(53)は、アサギマダラが乱舞する姿に「こんなに多いのは初めて見た。無事に目的地まで飛んでいってほしい」と話し、熱心にカメラを向けていた。

 クラブは30日(悪天候の場合、11月3日に順延)の午前10時~午後2時、花畑で恒例のアサギマダラ祭りを開く。11の出店や音楽演奏などが楽しめる。吉田代表は「まだコロナで大変だが、アサギマダラを見て心を癒やしてほしい」と話す。アートコンテストとフォトコンテストの作品も募集しており、応募方法など詳細はクラブのフェイスブックで。問い合わせは吉田代表(090・4033・6142)。【竹内之浩】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. サスペンション
  3. 用アッパーアーム ベストスタイル クラウン マークX
スバル レガシー車高調