レア物 HKS GTインタークーラー 本体のみ 貴重品 大特価放出!

レア物 HKS GTインタークーラー 本体のみ 貴重品
HKS製 GTインタークーラー 本体のみです。 以前乗っていた車にて使用していました。 シルビアに使おうと保管していましたが、使わないので出品します。 今では販売されていない貴重なGTタイプコアを使用した インタークーラーです。 コアサイズは、幅510mm・高さ380mm・厚み80mm サイドタンク口径は左右ともに70mmとなっています。 メーカー曰く、高冷却タイプ・ハードチューン(ハイパワー) 仕様のインタークーラーとうたっていました。 倉庫を掃除していたら出てきたので出品します。 大きな傷やヘコミ漏れなどはありません。
【オリックス-ヤクルト】力投するヤクルトの先発・高橋=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影 拡大
【オリックス-ヤクルト】力投するヤクルトの先発・高橋=京セラドーム大阪で2022年10月25日、藤井達也撮影

○ヤクルト7―1オリックス●(25日・京セラ)

 プロ野球の日本一を懸けてヤクルトとオリックスが対戦する「SMBC日本シリーズ2022」の第3戦が25日、京セラドーム大阪で行われた。

 大舞台に強い、強心臓左腕が先発マウンドに立った。試合前までポストシーズン計3試合に登板して2勝0敗、防御率1・35の安定感を誇るヤクルトの高橋奎二。「一人一人に集中して投げる」と話していた投球を体現した。

 走者を抱えても、粘る。四回1死二、三塁のピンチを連続三振で切り抜けると、直後の攻撃で打線が3点を先取。五回は先頭を安打で出すも後続を断ち、六回は3者凡退と勢いを加速させた。6回3安打無失点の内容に、「初回は緊張感があったが二回以降、自分のペースでしっかり投げられた」と手応えを口にした。

 京都・龍谷大平安高からプロ入り7年目の今季は開幕ローテーション入り。17試合に登板し8勝2敗、防御率2・63でリーグ連覇を支えた。9月中旬に新型コロナウイルスに感染し、復帰はクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦。「間隔も空いて、思い通りに投げられなかったところもある」と振り返りながらも、5回3失点と粘りの投球で試合を作った。

 意識するのは「脱力」だ。小野寺力・2軍投手コーチは高橋の成長を「自分のリズムばかりで投げず、打者のタイミングを見てずらすとか、(力を)抜いてみるとか。強弱をつけて投げたら、コントロールも良くなった」と解説する。下半身などのトレーニングで軸足に体重を乗せることを意識して体の開きを抑え、力みが出ないフォームを追求し好成績につなげてきた。

 昨年の日本シリーズ第2戦でもオリックスの宮城大弥と投げ合い、プロ初完投、初完封を飾った。これでシリーズは15イニング連続無失点の存在感。重圧がかかる舞台で再びまばゆい輝きを放った。【角田直哉】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. エンジン、過給器、冷却装置
  3. 本体のみ 貴重品 GTインタークーラー HKS レア物
Arif Hidayat様専用☆オーリンズ OHLINS製☆ リアサスペンション