プリウスα 前期 後期 中古 【誠実】

プリウスα   前期 後期 中古
アヴァンガード製(AVANTGARDE)エアチャンバーです。 新品購入して4ヶ月の使用になります。 購入金額3万以上。 画像4は実際に取り付けた物です。 体感としては車外マフラーを付けた状態で、低速から中速の反応が良くなりました。 ホースを本体と触れないようにする緩衝材のみ剥がしてしまっているので適当な物で代用お願い致します。(画像4参照) ご希望であれば黒いゴムマットをお付け出来ます。 個人的にですが、零1000チャンバーと比べると取り付けた際のスカスカ感もあまり無いかと思います。 結構赤が映えて、音も見た目も良いので気に入っていました。 説明書有り。 フィルターも綺麗な状態です。 エアクリーナー エアーインテーク エアーチャンバー エアエレメント パワーチャンバー エアフィルター キノコ型 吸気系 馬力 低速 中速  高速
米国旗(左)とロシア国旗 拡大
米国旗(左)とロシア国旗

 ウクライナ戦線で苦戦するロシアは、ウクライナが放射性物質をまき散らす「ダーティーボム」(汚い爆弾)を使う恐れがあると触れ回る外交戦に乗り出している。ロイター通信によると、国連安全保障理事会でもこの主張を展開する構えだ。一方、欧米は、ロシア軍が自作自演で爆弾を使用し、「ウクライナによる攻撃」と訴える「偽旗作戦」の恐れがあるとみて警戒を強めている。

 ロシアのゲラシモフ参謀総長は24日、米軍のミリー統合参謀本部議長らと電話で協議した。タス通信によると、ロシア国防省は、ウクライナが汚い爆弾を使用する危険性などについて議論したと発表しているという。米軍の統合参謀本部は、両氏が安全保障に関する懸案事項を話し合い、意思疎通を維持することで一致したと明らかにしたが、詳細は非公開とした。ロシアのウクライナ侵攻後、両氏の電話協議は5月以来で2回目。米露は23日にも国防相による電話協議を実施している。

 ゲラシモフ氏は24日、英軍のラダキン国防参謀総長とも電話で協議し、この問題を取り上げた。

 ロイターによると、ロシア当局者は24日、ウクライナがロシアを「核のテロリスト」に仕立てるために汚い爆弾を使用する可能性があると主張。そのうえで「国防省は放射性物質による汚染という状況下で任務を遂行できるよう、部隊と資源を準備している」と記者団に述べたという。

 こうしたロシアの主張を欧米諸国は受け入れていない。米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は24日の記者会見で「ウクライナに汚い爆弾を使用する計画は全くない。ロシアの主張を真剣に捉え、その行動を可能な限り注意深く監視している。現時点では、ロシアによる汚い爆弾の使用に向けた準備の兆候はない」と説明した。

 北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長も同日、オースティン米国防長官やウォレス英国防相と電話で協議し、ロシアの主張を拒むことを確認したという。

 ロシアから非難の矛先とされているウクライナも、欧米などとの対話を急いでいる。レズニコフ国防相はこの日のツイッターへの投稿で、米英仏トルコの国防相と相次いで電話で協議したことを明かした。ロシアのショイグ国防相が前日の23日に4カ国の国防相と電話協議していたことから、その内容の説明を受けるとともに、連携を確認したとみられる。また、ロシアが指摘する疑いを払拭(ふっしょく)するため、国際原子力機関(IAEA)の関係者を関係施設に受け入れる考えも示している。

 ダーティーボムは、内部に放射性物質を詰めた爆弾。核兵器と比べ破壊力は小さいが、火薬のような通常の爆薬を使って放射性物質を広範囲にばらまくことで、放射能汚染への恐怖を引き起こす。使用された地域では放射性物質の除去に時間がかかり、住民生活が困難になる可能性もある。【ワシントン鈴木一生、ベルリン念佛明奈】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. エンジン、過給器、冷却装置
  3. 前期 後期 中古 プリウスα
キャンバーアダプター