sr20det クランクシャフト 【テレビで話題】

sr20det クランクシャフト
用品の種類···その他 対応車種メーカー···日産 しっかりした傷等は見当たらなかったので クリアランス等は大丈夫かと思います
献花台を訪れて花を手向ける人たち=北海道斜里町で2022年10月23日午前11時20分ごろ、本多竹志撮影 拡大
献花台を訪れて花を手向ける人たち=北海道斜里町で2022年10月23日午前11時20分ごろ、本多竹志撮影

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故から半年となった23日、カズワンの出航したウトロ漁港がある斜里町では、町役場庁舎内の献花台を訪れて犠牲者の冥福を祈る人たちの姿が見られた。一方、この日は波が高く、大型観光船の運航は中止に。天候の荒れやすくなる冬が近づき、知床周辺には「冷たい海」が戻り始めていた。

 この日は日曜で町役場は閉庁日だったが、献花台は開放された。手を合わせていた町内在住の女性(70)は「毎月23日に献花している。事故は忘れられないし、やり切れない思い。(乗客らの)家族の気持ちを思うと早く全員が見つかってほしい」と話し、涙ぐんだ。一緒に訪れた女性(76)も「半年の節目なので献花したかった」と話した。

カズワンの運航会社「知床遊覧船」の事務所だった建物。看板は外されていた=北海道斜里町で2022年10月23日午後1時10分ごろ、本多竹志撮影 拡大
カズワンの運航会社「知床遊覧船」の事務所だった建物。看板は外されていた=北海道斜里町で2022年10月23日午後1時10分ごろ、本多竹志撮影

 ウトロ漁港を拠点とする大型観光船「おーろら」は全便欠航となった。結果的に、土日としては今季最後の営業となった前日の22日は、午前と午後の計3便に113人が乗り込んだ。愛知県から観光で来た50代男性は「事故のことは知っていたので、(カズワンのような小型船ではなく)大型船に乗ろうと思った。暖かくて揺れもなくて快適に楽しめた」と話した。

 また、第1管区海上保安本部などは事故から半年に合わせ、人員を増強して集中捜索を実施。半島西側で骨のようなものを21日に3個、22日に13個発見した。23日も予定されていたが、天候不良で中止された。

大型観光船「おーろら」の展望デッキから知床の景観を楽しむ観光客ら=北海道斜里町で2022年10月22日午前10時半ごろ、本多竹志撮影 拡大
大型観光船「おーろら」の展望デッキから知床の景観を楽しむ観光客ら=北海道斜里町で2022年10月22日午前10時半ごろ、本多竹志撮影

 海上保安庁は道警などとも協力し、発生直後からヘリコプターや巡視船などによる24時間態勢での捜索を続けている。23日までに出動したのは海保だけで船艇延べ832隻、航空機延べ244機に上る。これから冬を迎えて捜索には厳しい環境となるが、石井昌平長官は19日の定例記者会見で「気象・海象の条件はますます厳しくなっていくが、ご家族のご意向も踏まえ、行方不明者の捜索を継続する」と述べた。

 事故を巡っては、運航会社「知床遊覧船」の桂田精一社長(59)から事情を聴くなど1管が業務上過失致死容疑で捜査を続けている。ただ、乗員乗客全員が死亡したか行方不明のため当時の詳細な証言が得られておらず、事故原因の究明や捜査は長期化するとみられている。【本多竹志、木下翔太郎、米山淳】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. エンジン、過給器、冷却装置
  3. クランクシャフト sr20det
ダイハツ エッセ ローファースポーツ ショック