スカイライン?GTR?タービン 当季大流行

スカイライン?GTR?タービン
何用かわからないです わかる方でお願いします ガタは少ないです 許容範囲だと思います
コートで気合を入れる松戸レディスのメンバー=千葉県松戸市で2022年10月12日、吉永磨美撮影 拡大
コートで気合を入れる松戸レディスのメンバー=千葉県松戸市で2022年10月12日、吉永磨美撮影

 一つのボールを激しく競り合うバスケットボール。若者のスポーツのイメージが強いが、年齢に応じた中高年向け大会も生まれており活動の場が広がっている。けがに注意を払いながら競技を楽しむ中高年プレーヤーをたずねた。

 床を跳ねるボールの音。ドリブルから勢いのあるパスを受けた女性に、メンバーから「打て!」という掛け声が飛ぶ。ボールは宙を切ってゴールに入った。「ナイスシュート」

 10月の昼下がり。千葉県松戸市内の体育館では、女性チーム「松戸レディス」のメンバー11人がバスケを楽しんでいた。メンバーは50~70代。平均年齢は68歳で、最高は79歳だ。市民向けのバスケ教室に通った仲間で約50年前に創部された。週1回の練習を重ねている。

 ゆっくりしたプレーを想像していたが、ドリブルやパスが素早く繰り出され、思った以上の運動量だ。コート上を何回もダッシュで往復するため、関節などの負担は少なくはない。

コートでシュート練習をする松戸レディスのメンバー=千葉県松戸市内で2022年10月12日、吉永磨美撮影 拡大
コートでシュート練習をする松戸レディスのメンバー=千葉県松戸市内で2022年10月12日、吉永磨美撮影

 「長く続ける秘訣(ひけつ)は無理をしないこと。膝を冷やすなどのアフターケアも大切です」。練習後、部長を務める荻谷純子さん(68)が膝を冷却剤で冷やしながら話した。他のメンバーも膝や足を冷やしてけがに備えている。練習中も、メンバーは無理しないよう互いに声を掛け合っている。

シュートを試みる横浜ビー・シーガルズの川戸政角さん(中央)=川戸さん提供 拡大
シュートを試みる横浜ビー・シーガルズの川戸政角さん(中央)=川戸さん提供

 松戸レディス以外に、全国には60~80代が集まるバスケチームがたくさんある。「日本社会人バスケットボール連盟」に所属し、平均年齢が50~60代を超えるチームも全国に約110あり、連盟主催で年代別の大会が開かれている。とはいえ、年を重ねると体力が落ち、活躍の機会が減っていく。年齢を重ねてもプレーできる大会を自ら作った人たちがいる。

 1967年に横浜商業高校OBを中心に創部した男性チーム「横浜ビー・シーガルズ」のコーチ、川戸政角さん(71)らだ。中高年の世界では、山形県酒田市の「八幡カップ」が全国的な大会として知られているが、当初は60代以上で構成するチームは参加できなかった。メンバーが高齢化し、参加できる大会がないことが気がかりだった川戸さんらは「ないなら自分たちで企画しよう」と、2012年に「横浜カップ」の初大会を開いた。

 大会のモットーは「全員参加」。試合の一部を勝敗に差がつかないルールに変更し、高齢や体力面から試合に出る機会が少ない人にも出場してもらう工夫をしている。同チームの狩野治監督(75)は「同じ年齢でチームを作ってプレーできるのが楽しい。若さが保てる」と笑みを浮かべる。

 来年2月には福岡県内で開かれ、32チーム・450人が参加する予定だ。ただ、メンバーの多くが70代に差し掛かっており、「70代以上の大会を作ってほしい」との要望が出てきた。川戸さんは「70代以上のチームは体力的に厳しくなる人も増えるが、練習を続ければ大丈夫」と話す。

 メンバーに「やれない理由」を語る人はいない。やりたいことを続けるために前向きに挑戦する人々の姿があった。とはいえ、油断は大敵。無理せず、競技後のアフターケアもお忘れなく。【吉永磨美】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. エンジン、過給器、冷却装置
  3. スカイライン?GTR?タービン
中古品 TW200 T225 GOODS サスペンションG-SUSPENSION