モモ ギブリ3 34.5cm 最先端

モモ ギブリ3 34.5cm
仕様変更のため売却します。 個人的には年代の割に綺麗だと思っていますが、写真にて判断をお願いします。 4枚目の写真は1番傷ついてるところになります。
ピアノ部門で演奏する1位の小嶋早恵さん=東京都新宿区の東京オペラシティで2022年10月22日、手塚耕一郎撮影 拡大
ピアノ部門で演奏する1位の小嶋早恵さん=東京都新宿区の東京オペラシティで2022年10月22日、手塚耕一郎撮影

 東京都新宿区の東京オペラシティコンサートホールで22日に開幕した第91回日本音楽コンクール本選会(主催=毎日新聞社・NHK、特別協賛=三井物産、協賛=岩谷産業)のピアノ部門で、小嶋早恵さん(23)=大阪府出身・東京芸大大学院=と、坂口由侑さん(20)=千葉県出身・桐朋学園大3年=の2人が1位に選ばれた。同部門で2人が同時に1位を受賞するのは、第81回(2012年)の反田恭平さん、務川慧悟さん以来、10年ぶり。3位には藤平実来さん(23)=千葉県出身・東京音大大学院=が入賞した。【鈴木隆、松下英志】

小嶋早恵さん、喜びの声

 大学生の時に3度挑んだが、第2予選、第3予選止まりだった。「苦しくなったこともあったが、悔いのないよう最後にしよう」とやるべきことをやって挑んだ。発表の瞬間、「自分の人生にこんなことがあるとは思わなかった」と喜んだのもつかの間、「隣の誰かよりうまく弾くことはあまり意味がない」とも感じた。うまくなることだけでなく「ピアノを通じて人とかかわる社会経験、いい時もしんどい時も含めた感情の幅」を大事にしてきた。5歳で始めたピアノをなぜ続けてこられたのか。「人を魅了していくことも大切だが、時代や文化を含めその曲の一番美しい状態、曲の真の意味を追究していきたいから」

 「今までのことを認めてもらえてうれしいが、今日までのこと。これから(ピアノで)やることに、変わりはない」とクールに前を向く。海外に留学し、文化を知り、経験を重ねて、と演奏活動を見据える。ただ、今もこれからも「弾き終わったときに何を残せるか、どんな経験、どんな気持ちになれるかを大切にしていく。ピアノを通じて成長し、より良く生きていきたい」。骨太のピアニストが大きな一歩を踏み出した。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. ステアリング
  3. 34.5cm モモ ギブリ3
直人 様 専用 EJ20 EJ25インタークーラー用パイピング