ステアリングウッド 32π 特価

ステアリングウッド 32π
ご覧いただきありがとうございます。 ステアリングウッドの出品になります。 裏にmade in I talkと表記があります。 (状態) 中古品になりますので、写真にてご確認ください。 商品に問題が有っても返品はできません。 写真のものが全てになります。写真を見て納得できる方のみお願いします。 用品の種類···ステアリング本体
【ヤクルト-オリックス】九回裏ヤクルト無死一、二塁、代打・内山壮真(手前)に3点本塁打を打たれ、肩を落とすオリックス・阿部=神宮球場で2022年10月23日、幾島健太郎撮影 拡大
【ヤクルト-オリックス】九回裏ヤクルト無死一、二塁、代打・内山壮真(手前)に3点本塁打を打たれ、肩を落とすオリックス・阿部=神宮球場で2022年10月23日、幾島健太郎撮影

 オリックスは終盤まで優位に試合を進めながら、自慢の救援陣が打たれた。

 3点リードの九回、5番手の阿部翔太は痛恨の同点3ランを浴びると、思わず両手を膝についた。今シリーズで2戦連続のマウンドだったが、悔しい結果に終わった。

 先発を任された山崎福也が4回無失点と好投したものの、中継ぎ陣に力があり、枚数も豊富なオリックスは五回から早くも継投に入った。

 今季フル回転してチームを支えてきた投手が次々と投入され、好投した。2番手・山崎颯一郎が2イニングを無失点でつなぐと、3番手・宇田川優希も七回を危なげなく抑えた。4番手・ワゲスパックは走者を背負ったが、最後は三振で切り抜け、八回までスコアボードに0を刻んだ。少ないチャンスで得点し、継投で逃げ切る。オリックスが今季得意とするパターンに持ち込んでいたが、「まさか」が待っていた。

 阿部は日本生命から2021年にドラフト6位で入団した29歳。昨季は4試合の登板にとどまったが、今季は勝ちパターンの一角として44試合に登板した。レギュラーシーズンの失点はわずかに3で、防御率は0・61。圧倒的な安定感で信頼を勝ち得ると、シーズン終盤からは守護神も任されるようになった。リーグ優勝が懸かった2日の楽天戦でも九回を3人で締め、連覇に貢献していた。

 初戦をエース・山本由伸で落とし、2戦目は新守護神が追いつかれた。チームにとっては後味の悪さが残った。休養日を挟み、25日からは本拠地・京セラドームで3連戦がある。26年ぶりの日本一に向けて、自慢の投手陣が奮起できるか。【潟見雄大】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. ステアリング
  3. 32π ステアリングウッド
グランドシビック CR-X zc用 エキマニ