4477 良品 正規品 NARDI ナルディ Z5 ゼットファイブ 36.5Φ 【 開梱 設置?無料 】

4477 良品 正規品 NARDI ナルディ Z5 ゼットファイブ 36.5Φ
正規品 NARDI ナルディ Z5 ゼットファイブ 36.5Φ 良品 ダークウッド&ブラックパッド この度は商品をご覧いただきありがとうございます。 商品詳細 目立つ大きな傷やスレ等無く比較的綺麗な商品ですが古く使用された中古品の為、キズや汚れ等御座います。予めご了承ください。(画像参照) ホーンボタンの通電確認済みです。(ホーンボタンの表面に線傷が御座います。) 是非この機会に愛用品としてご使用頂ければ幸いです。 この商品は新品ではなく中古品の為詳細及び画像等を御覧頂き充分ご検討の上入札下さい。 以上画像の物が全てです、上記コメントはあくまでも個人の感想になりますので予めご了承ください。 コメント ●簡単に書きましたが、ご不明な点などございましたらお気軽に質問してください。 以上の内容をよくご理解いただける方のみご入札お願い致します。 ●時折、記載しているにもかかわらずご質問をする方や理解に苦しむ意味不明な 質問をする方がおられますが、内容によってはご返答をしない場合が御座いますので 予めご了承ください。 ●中古品であり数年経過した商品の為、時にきずかない傷や汚れ等あるかもしれませんので予めご了承下さい。 ●新規及び悪い評価が多数ある方やモラルの無い方、又は取引するまでに時間の掛かる方、 商品到着後に受け取り連絡をしない方、何事にもルーズな 方は非常に迷惑になる為、絶対に入札をしないで下さい。(新規及び悪い評価が多数ある方で 本当に購入意思がある場合は事前に質問欄からご連絡をお願い致します。)
抱樸による新春の炊き出し=北九州市小倉北区の勝山公園で2021年1月3日午後3時18分、井上卓也撮影 拡大
抱樸による新春の炊き出し=北九州市小倉北区の勝山公園で2021年1月3日午後3時18分、井上卓也撮影

 5市が合併して誕生した北九州市は2023年2月で市制施行60周年を迎える。60年を街とともに歩んだ各界の人々を訪ね歴史を振り返り、これからの都市像を考える。NPO法人「抱樸(ほうぼく)」理事長、奥田知志さん(59)は、市発足と同じ63年生まれ。長年に渡り困窮者支援を続けてきた。

     ◇

 北九州市で、困窮や孤立・孤独などさまざまな困難にある人たちに寄り添う抱樸。理事長の奥田さんは出身は関西だが、市の困窮者への対応を巡る問題をきっかけに、この街に根を下ろして活動するようになった。

 北九州市を初めて訪れた34年前は憤りを抱いていた。牧師になる勉強をしながら、ホームレスの人たちの実情を調べるため、おにぎりを手に街に出た。「当時は住所を持たない人に市の救いの手が一切なかった。住む家がないことこそ、人権が脅かされているのに」

 市にホームレスなどを保護するシェルターの設置を求めた闘いを10年近く続けた。その後、「自分たちで施設を作ろう」と方針を転換。団体をNPO法人化し、2001年5月に自立支援住宅の運営を独自に始めた。

 距離ができたかに見えた市との関係。だが、02年にホームレス自立支援法が施行されると徐々に変化が表れた。市の担当者が支援住宅を見学に訪れるなどし翌年、「官民協働でホームレス対策をしたい」と提案されたのだ。当時、実はドイツへの公費留学が決まっていた奥田さんは、悩んだ末に北九州に残ることを決断。市が設けた自立支援センターの運営(04年)を担うようになった。

長年ホームレスや困窮者支援に携わり、新たな福祉拠点作りも進める奥田知志さん=北九州市八幡東区で2022年9月28日午前11時53分、青木絵美撮影 拡大
長年ホームレスや困窮者支援に携わり、新たな福祉拠点作りも進める奥田知志さん=北九州市八幡東区で2022年9月28日午前11時53分、青木絵美撮影

 市内では、生活保護の支給抑制策を背景に05~07年に孤立死事案が相次いだ。市は問題の検証を経て、ワンストップで相談に応える「いのちをつなぐネットワーク」の窓口を全区に置いた。こうした歩みを、奥田さんは「市は失敗もした。ただ、市と協働してみると、こちらの提案も聞いてくれて、対応の早さと深さは一流だと分かった」と振り返る。

 日本は今や単身世帯が4割近くを占め、人口減少も進む。北九州市は高齢化率が31・2%(22年1月)と政令市で最も高い。抱樸は今、小倉北区神岳で、子どもから高齢者まで多様な支え合いがある「希望のまち」を作り、そのノウハウを全国に広げようとしている。「市民は北九州を『元気がない』と言うけれど、ここは他の地域に先んじて課題が見える最先端の都市。60年を機に北九州が何をするかが、日本の将来像にとって大きな役割を果たすのではないか」【青木絵美】

北九州市における困窮者対策

 市発足当時は石炭産業の失業者増加などで生活保護を受ける人の割合が上昇し、保護率が国内最高レベルとなる時期もあった。市が不正受給対策を強化する一方、困窮者の餓死や孤独死が問題となった。困窮者支援を続けてきた抱樸は現在、小倉北区神岳の暴力団本部事務所跡地に福祉拠点を整備する「希望のまちプロジェクト」を進めている。相談窓口や子ども食堂、避難所機能などを備えた施設で2024年中完成を目指す。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. ステアリング
  3. 正規品 良品 4477 NARDI 36.5Φ ゼットファイブ Z5 ナルディ
ヨシムラサイクロンマフラー フルエキゾーストCB400SF NC31