15クラウンjzs151純正触媒 【★大感謝セール】

15クラウンjzs151純正触媒
15クラウンの純正の触媒です加工や車検戻しなどに。 マフラー、触媒、クラウン
(左)「勝つぞ」コールで拳を突き上げる中原氏、(右)手を挙げて聴衆に訴えかける鈴木氏=いずれも新潟市で2022年10月22日、内田帆ノ佳撮影 拡大
(左)「勝つぞ」コールで拳を突き上げる中原氏、(右)手を挙げて聴衆に訴えかける鈴木氏=いずれも新潟市で2022年10月22日、内田帆ノ佳撮影

 任期満了に伴う新潟市長選は23日に投開票される。いずれも無所属で立候補した現職の中原八一氏(63)と新人で共産党県委員の鈴木映氏(35)=共産、社民推薦=は22日、それぞれ街頭で最後の訴えをし、14日間の選挙戦を終えた。投票は23日午前7時~午後8時、市内213カ所で受け付け、即日開票される。【内田帆ノ佳】

 中原氏はこの日、朝のつじ立ちから活動を始め、終日遊説。マイク納めの場所に選んだのは中央区の古町十字路だった。日没前の午後4時半ごろ、まず新潟市議らが8行政区それぞれの特色などをリレー形式で紹介、場を盛り上げた。

 続いてマイクを握った中原氏は「私、中原八一の決意を実現するためにも当選し、推進力をいただきたい」と熱弁を振るった。改めてコロナ禍で打撃を受けた社会経済活動の回復、魅力ある町づくりなど公約の実現を有権者に約束。演説の最後には「残された数時間、力の限り全力で戦って参ります」と勢いよく拳を突き上げた。

 低迷が懸念される投票率について報道陣に問われると「手応えはいい」と期待感を口にした。

 鈴木氏はこの日、人通りが多い場所を選んで街頭演説を繰り返した。正午ごろには東区で演説し、市政刷新を唱え、不要不急の大型事業を優先していると現市政批判を展開。「新潟市長になり現状を転換させ、誰一人取り残さない新潟市を実現する」と訴えた。

 演説後は支援者に駆け寄りグータッチを交わし、報道陣の取材には「ラストスパート。全力で頑張る」と笑顔を見せた。

 マイク納めは午後7時半からの「打ち上げ演説会」。JR新潟駅前で「市民一人一人の声が新潟市を発展させるエネルギーになる。私に一票を託してください」と声を張り上げ、集まった支援者からの拍手に包まれた。その後も行き交う人にあいさつをして回り、選挙戦を締めくくった。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. マフラー・排気系
  3. 15クラウンjzs151純正触媒
エブリィ バン NV100クリッパー 17v マフラー Wirus Win,
RB25 アウトレットパイプ 検) R32 R33 R34 RB20 ゲーター,
y33シーママフラー,
柿本マフラー スズキ パレット T &NA,
プリウスヒッチメンバー