ロッソモデロ ARMS GT-304RGR 左右出しマフラー 新しいブランド

ロッソモデロ ARMS GT-304RGR 左右出しマフラー
ご閲覧いただきありがとうございます。 新型GR86・BRZの社外マフラーです。 想像よりも音が大きく、装着しての走行は難しい為、出品致します。数キロのみの走行でガスケットもまだ使えると思います。 サイレンサーはオプション品の未使用となります。 大型配送のため、発送まで少しお時間いただくかもしれません。 新品よりもお安くしますので、ご検討よろしくお願いします。 取付可能車種はGR86(ZN8)・BRZ(ZD8) 用品の種類···マフラー 対応車種メーカー···トヨタ、スバル
DeNAからドラフト1位で指名され、花束を手にポーズをとる大阪桐蔭の松尾汐恩(中央)。左は父の太志さん、右は母の美和さん=大阪府大東市で2022年10月20日、北村隆夫撮影 拡大
DeNAからドラフト1位で指名され、花束を手にポーズをとる大阪桐蔭の松尾汐恩(中央)。左は父の太志さん、右は母の美和さん=大阪府大東市で2022年10月20日、北村隆夫撮影

 DeNAから1位指名された大阪桐蔭高・松尾汐恩(しおん)捕手は、各球団の事前指名公表の中に名前がなかっただけに、「選ばれるかどうか分からない状態で待っていた。ほんまにホッとしたので良かった」と笑顔を見せた。

 京都出身で、2年夏から甲子園で3季連続本塁打を放つなどパンチ力のある打撃と強肩が持ち味。高校の途中で捕手に転向する前は内野手だっただけに、西谷浩一監督も「スピードのある、普通のキャッチャーではできない動きができる」と評する。松尾は「(今までの捕手にいない)新しい選手になりたい」と理想の捕手像を思い描く。

 大阪桐蔭からは11人目のドラフト1位指名選手で、2013年には強打の捕手・森友哉(西武)の存在もある。「まだまだ実力は足らないと思うので、先輩方のように活躍できるように技術をつけながら、体も大きくなってやっていきたい」と述べた。

 巨人が交渉権を得た浅野翔吾(香川・高松商高)と同一リーグとなった。高校日本代表でともにプレーし、連絡を取り合う仲だという。「良いライバルになった。負けていられない」と早くも闘志を燃やす。「目標はトリプルスリー。1年目から早く出られるように準備していきたい」と力強く語った。【生野貴紀】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. マフラー・排気系
  3. 左右出しマフラー GT-304RGR ロッソモデロ ARMS
ワルツ機械4-2-1