CL7 アコード ユーロR TYPEONE 強化クラッチペダル タイプワン 数量限定セール

CL7 アコード ユーロR TYPEONE 強化クラッチペダル タイプワン
アコードユーロR(CL7)から外した強化クラッチペダルです。 TYPEONE(タイプワン)にて車輌リフレッシュし、新品交換しました。 その際にCL7のウィークポイントをオーダー対応にて強化溶接していただきました。 ※タイプワンから頂いたリフレッシュ時の作業写真は付属しません。 車輌入れ替えをするため純正戻しをしましたので、活用して頂けたらと思います。 他社から販売されている一般的な強化クラッチと違い、一番破損しやすい根元の部分はナメ溶接してあります。ガゼットプレートなど追加されるメーカーもありますが、スポット溶接(点溶接)では根元のめくれ破損を防ぐ対策としては不十分で数年後にギコギコ鳴ります。(交換した直後は良いんですよ。ギコギコの原因は疲労破壊なので、破壊されない溶接が重要です) ペダルのゴム部分は摩耗ありますが、全体的に不具合なく使用できます。 樹脂リテーナー部の摩耗もありません。 ペダル交換の際は、マスター側も新品交換をお勧めします。 純正品では強度不足によりペダルブラケット本体が歪むことでマスターのピストンが真っ直ぐ入らないことからピストンが偏摩耗します。 新品のマスターピストンを強化ペダルで真っ直ぐ押すことが本当のギコギコ対策です。 オマケで納車時に頂いたタイプワンステッカーを1枚付属します。 フロントのリップスポイラー中央に貼り付けてTYPEONE仕様にして下さい! 取り外すまで不具合無く使用しておりましたが中古になりますので、ノンクレーム・ノンリターンでお願いします。
JR東日本のロゴマーク 拡大
JR東日本のロゴマーク

 JR常磐線の各駅停車から直通する東京メトロ千代田線を利用した場合、JRと東京メトロ双方の初乗り運賃を支払わなければならず割高になるのは鉄道事業法に違反するとして、利用者が19日、JR東日本と東京メトロなどに計約2万7000円の損害賠償を求めて東京簡裁に提訴した。

 訴状によると、原告はJR常磐線の亀有駅(東京都葛飾区)と金町駅(同)を利用する高齢者16人。旧国鉄は1971年、常磐線を快速と各駅停車に分離し、各駅停車は千代田線と相互直通運転となった。これにより、快速が止まらない両駅の利用者が都心方面に行くには、JRと東京メトロの初乗り運賃をそれぞれ支払うことになった。

 北千住駅で各駅停車から快速に乗り換えればJRの運賃だけで済むが、常磐線各駅停車と千代田線は地下ホーム、常磐線快速は地上ホームを発着するため乗り換えが容易ではないという。亀有、金町両駅の利用者が北千住駅で乗り換えずに西日暮里駅や上野駅まで行くと、ICカードや切符で1・4~1・6倍、定期で1・8~1・9倍の運賃がかかる。原告側は「特定の旅客への差別的取り扱いを禁止した鉄道事業法に違反する」と主張している。

 提訴後に記者会見した原告の松永貞一さんは「両駅の利用者は高い運賃を払うか、乗り換えの不便さを受ける状態に置かれている」と話した。JR東日本と東京メトロは「訴状を確認できていないためコメントは控える」などとしている。【遠藤浩二】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. クラッチ、ミッション、駆動系
  3. タイプワン 強化クラッチペダル TYPEONE ユーロR アコード CL7
ニッサン R32 GT-R BNR32 スカイライン クスコ 車高調セット,
HKS HIPERMAX MAX IV SP ハイパーマックス マックス4 SP,
【最終値下げ】NDロードスター 990S純正ショックアブソーバ,
シュピーゲルフルタップ車高調l350用,
326パワーのチャラバネ