30後期ヴェルファイア 車高調 【★超目玉】

30後期ヴェルファイア 車高調
車高調入れ替えのため、出品します 抜けや固着等はないと思われます
ロッテから1位指名を受け、笑顔で記念撮影に臨む専修大の菊地吏玖投手=川崎市多摩区の専修大生田キャンパスで2022年10月20日午後6時7分、田中綾乃撮影 拡大
ロッテから1位指名を受け、笑顔で記念撮影に臨む専修大の菊地吏玖投手=川崎市多摩区の専修大生田キャンパスで2022年10月20日午後6時7分、田中綾乃撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が20日、東京都内であり、1位指名で高校屈指の強打者、浅野翔吾外野手(香川・高松商高)に阪神、巨人の2球団が競合し、巨人が抽選で交渉権を獲得した。本格派右腕の荘司康誠投手(立大)は楽天とロッテが競合し、楽天が交渉権を得た。

 セの阪神と巨人以外の4球団と、パのロッテと楽天以外の4球団は単独での1位指名となった。ヤクルトは吉村貢司郎投手(東芝)、DeNAは松尾汐恩捕手(大阪桐蔭高)、広島は斉藤優汰投手(北海道・苫小牧中央高)、中日は仲地礼亜投手(沖縄大)の交渉権を獲得。オリックスは曽谷龍平投手(白鷗大)、ソフトバンクはイヒネ・イツア内野手(愛知・誉高)、西武は蛭間拓哉外野手(早大)、日本ハムは矢沢宏太投手(日体大)の交渉権を手にした。

 外れ1位では、阪神が森下翔太外野手(中大)、ロッテが菊地吏玖投手(専大)を指名した。

家族や友人の顔が浮かんだ

専修大・菊地吏玖投手=ロッテ1位

 専修大の菊地吏玖投手(22)は、千葉ロッテから1位指名を受けた後、川崎市多摩区の生田キャンパスで記者会見に臨んだ。「1位指名は予想外だった」と驚いた様子を見せながらも、「指名していただくためにずっと頑張ってきた。うれしい気持ちでいっぱい」と笑顔で語った。

 札幌大谷高(北海道)で入学直後からエースナンバーを背負い、春の道大会優勝を経験した。ただ3年間を通じて甲子園には縁がなく、最後の夏は南北海道大会1回戦で17安打を浴び敗退。「この悔しさを忘れない。もっと上を目指せる選手になりたい」と誓った。

 専修大では東都2部リーグで2度の最優秀防御率を受賞し、今年の大学日本代表にも選ばれるなど本格派右腕に成長した。

 会見中、「家族や友人の喜んでいる顔が浮かんだ」と感極まる場面も。「ピンチの場面で点を与えない粘り強い投球をさらに生かしていきたい」と活躍を誓った。【田中綾乃】

後輩のヤクルト・村上に「連絡したい」

トヨタ自動車の吉野光樹投手=DeNA2位

DeNAから2位指名を受けたトヨタ自動車の吉野光樹投手=豊田市のトヨタスポーツセンターで 拡大
DeNAから2位指名を受けたトヨタ自動車の吉野光樹投手=豊田市のトヨタスポーツセンターで

 DeNAから2位指名を受けたトヨタ自動車の吉野光樹投手(24)は、豊田市のトヨタスポーツセンターで記者会見し、「選ばれてホッとした。しっかり期待に応えていきたい」と笑顔で語った。

 熊本県出身の右腕。最速150キロの直球と鋭いフォークが特徴のトヨタのエース。今年の都市対抗野球大会では初戦に先発し、四回まで7奪三振、無失点と好投した。

 高校は熊本・九州学院で、プロ野球ヤクルトの村上宗隆内野手の1学年先輩に当たり、高校時代はバッテリーを組んでいた。さらにDeNAの伊勢大夢投手は1学年上の先輩で、「2人の活躍はすごく刺激になっていた」と話し、「これ(会見)が終わったら連絡したい」と笑った。

 大学3年時に腰を骨折する大けがをし、再びマウンドを踏めたのは半年後。それだけに「拾ってくれたトヨタには感謝している」と話し、プロ入り後は「1年間けがをせずにチームに帯同し、投手の柱を目指したい」と抱負を語った。

 会見に同席した藤原航平監督は「投手で最初に選ばれたのは評価してもらっているということ。上り調子の球団で本人にとってもいいチーム」と喜んだ。【立山清也】

トリプルスリー目指す

慶応大・萩尾匡也選手=巨人2位

 慶応大の萩尾匡也(まさや)選手(21)は、巨人から2位指名を受けた。オンライン取材で「プロに行くチャンスをいただき本当にうれしい。気を引き締めて練習に励みたい」と喜んだ。

 萩尾選手は熊本県出身で、右打ちの強打者。慶応大では東京六大学野球秋季リーグで現在、打率4割超や本塁打4本など打撃成績でトップを独走。7月には大学日本代表で4番打者も務めた。「(巨人は)伝統ある球団。そこでプレーできることはうれしい。打撃を生かし、トリプルスリーを目指したい」と躍進を目指す。

杉田玄白の子孫「正直だめかと…」

トヨタ自動車・長谷部銀次投手=広島6位指名

広島から6位指名を受けたトヨタ自動車の長谷部銀次投手=豊田市のトヨタスポーツセンターで 拡大
広島から6位指名を受けたトヨタ自動車の長谷部銀次投手=豊田市のトヨタスポーツセンターで

 広島から6位指名を受けたトヨタ自動車の長谷部銀次投手(24)は、「正直だめかと思った。選ばれてありがたい気持ちでいっぱい」とホッとした様子を見せた。

 岡崎市出身。最速150キロの左腕。中京大中京高から慶応大に進み、トヨタでは主に救援を務め、2022年は都市対抗野球4強入りに貢献した。江戸時代に前野良沢らと「解体新書」を翻訳した杉田玄白の子孫としても知られ、「偶然だが今日が(杉田の)誕生日。いい報告ができる」と笑った。

 「強みはひるまずに打者を攻めていけるところ。そこは変えずにやっていきたい」と語った。藤原航平監督は「左の投げ下ろしで強いストレートが魅力。評価してくれた球団のために頑張ってほしい」とエールを送った。【立山清也】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. クラッチ、ミッション、駆動系
  3. 30後期ヴェルファイア 車高調
ミラクルストロークアジャスターリア