アルテッツァ後期 トルセンLSD 好きに

アルテッツァ後期 トルセンLSD
対応車種メーカー···トヨタ ファイナル4.3で街乗り用に使用していました。サーキットと街乗りで交換するのが面倒なため出品します。質問からよろしくおねがいします。 用品の種類···LSD
入り口に茶屋の頭文字である「覇」の字が書かれたのれんを掲げているパン屋「エスプラン」=横浜市鶴見区で2022年10月19日、池田直撮影 拡大
入り口に茶屋の頭文字である「覇」の字が書かれたのれんを掲げているパン屋「エスプラン」=横浜市鶴見区で2022年10月19日、池田直撮影

 約350年前に創業した東海道沿いの茶屋を前身に持つ、京急鶴見駅前のパン屋「ESPLAN(エスプラン)」(横浜市鶴見区)は、コロナ禍で客入りの厳しい時期を過ごした。再起をかけた12代目店主、塩田悠樹さん(37)は「原点」である茶屋とパン屋を融合させ、9月にリニューアルオープンを果たした。【池田直】

 この店の前身は、1679年創業の「覇王樹(さぼてん)茶屋」だ。「当初は名も無い茶屋だった」(塩田さん)という。だが約4メートルのウチワサボテンが店の前に自生したことをきっかけに店は「覇王樹茶屋」として有名になった。1952年には「エスプラン」の名前で洋菓子店となり、その後は塩田さんの父である11代目店主・一善さんがパンの販売に絞り、現在の姿となっている。

 塩田さんは2021年7月に12代目店主に就任。だが新型コロナウイルスの流行で売り上げがコロナ前の約6割まで落ち込んだ。「どうせ同じお金を借りるなら一族としての願いをかなえよう」。茶屋の姿を復活させることは歴代店主が胸に秘めてきたが実現できなかった悲願だった。

 「パン屋のエスプランと覇王樹茶屋をリンクさせた店にしたい」と考え、平置きで販売していたパンはカウンターで注文する形式に変え、イートインスペースを設置。茶屋の雰囲気を感じてもらおうと座席部分を畳にしたほか、座布団で座ってくつろげる場所も作った。さらに人気商品の「珈琲あんぱん」に加え、ひきたての抹茶を使用した「抹茶あんぱん」や抹茶ラテなど新商品の提供も始めた。

 店のロゴマークには「原点」に立ち返る意味も込め、茶屋の頭文字である「覇」の字を家紋風にあしらった。塩田さんは「茶屋としてもパン屋としても、少しぜいたくな時間を過ごせる場所でありたい」と話している。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. クラッチ、ミッション、駆動系
  3. アルテッツァ後期 トルセンLSD
GT380 片アンチフロントフォーク GS 33π