ORC メタルトリプル プッシュ式 オーバーホールキット 雑誌で紹介された

ORC メタルトリプル プッシュ式 オーバーホールキット
対応車種メーカー···汎用 用品の種類···クラッチ ORC製メタルトリプルプレートクラッチのオーバーホールキットになります。 保管に伴う傷や錆等、多少あるかと思いますが、車両に取り付けての使用はしておりません。 ディスク、プレート類は、車種問わず互換品と思いますので、手元にメタルトリプルクラッチお持ちの方は使用できるものと思います。 (プル式とプッシュ式でプレート形状が異なるかと思いますのでそこだけご注意ください。)
【全日本スピードスケート距離別選手権】女子500メートルのレース後、健闘をたたえあう小平奈緒選手(左)と高木美帆選手=長野市のエムウェーブで2022年10月22日、和田大典撮影 拡大
【全日本スピードスケート距離別選手権】女子500メートルのレース後、健闘をたたえあう小平奈緒選手(左)と高木美帆選手=長野市のエムウェーブで2022年10月22日、和田大典撮影

 スピードスケートの2018年平昌冬季オリンピック女子500メートル金メダルの小平奈緒選手(36)=相沢病院=が22日、長野市エムウェーブで引退レースとなる全日本距離別選手権の女子500メートルに臨み、優勝して有終の美を飾った。満員となる6085人の観客の前で、滑りだけではない「らしさ」も見せた。

 「皆さんの顔を見ると、涙がこぼれそうだった」。レース前のウオーミングアップで自分を追いかけるように湧く大きな拍手を聞いて、そう感じた。それでも集中力を高め、厳しい表情を崩さなかった。スタートし、「氷にはじかれないように。足がくっついているんじゃないかというくらい、(氷に)寄り添うように」と感覚を研ぎ澄ませてカーブを抜ける。最後の直線に入ると「ここからは自由だ」と気持ちよくフィニッシュした。タイムを見て小さく拳を握り、二人三脚で歩んできた結城匡啓コーチとタッチを交わした。

 その直後だった。次の最終組で登場する選手を気遣い、ボルテージが上がった会場をなだめようと、両手を下に押すような仕草を見せた。まるで「あの時」のように。

 平昌五輪で小平選手は五輪新を出した500メートルのレース直後、握った拳をほどき、右手の人さし指を口に当てて会場に静寂を求めた。次の組で登場する韓国の李相花(イサンファ)さんらへの配慮だった。10代から切磋琢磨(せっさたくま)してきた親友同士。小平選手の記録に届かず五輪3連覇を逃して泣き崩れた李さんの肩をそっと抱き寄せ、寄り添う姿は反響を呼んだ。

 この日も4年前の五輪と同様に小平選手が優勝した。全選手のレースが終わるとようやく表情が緩み、リンクをゆっくり回りながら、大観衆に何度も手を振った。「鳥肌を超えて、心が震えて飛び出てきそうな感じでした」

 競技後のセレモニーでは、李さんから「奈緒の未来を応援するよ」とビデオメッセージが届いた。小平選手は家族や所属先として支援を受けた相沢病院への感謝を伝え、「歩みを止めたらそこで終わってしまう。私の歩みは続きます。これからは、皆さんの近くで歩みを進めていくことができたら幸せ」と語り、笑顔でリンクを去った。【川村咲平】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. クラッチ、ミッション、駆動系
  3. メタルトリプル プッシュ式 オーバーホールキット ORC
zn6用車高調