新車外し スイフトスポーツ ZC33S 純正タービン 【期間限定特価】

新車外し スイフトスポーツ ZC33S 純正タービン
ZC33S スイフトスポーツ純正タービン 納車前に取り外し社外品に交換した為、公道走行はありません。 タービンのみになります。 屋内にて保管していましたが、素人保管の為ご理解ください。 発送は宅急便にて80サイズで予定しています。 用品の種類···ターボチャージャー 対応車種メーカー···スズキ
財務省の正門=東京・霞が関で、赤間清広撮影 拡大
財務省の正門=東京・霞が関で、赤間清広撮影

 財務省が20日発表した2022年度上半期(4~9月)の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は11兆75億円の赤字だった。年度の半期としての赤字額は、比較可能な1979年以降で過去最大。ロシアによるウクライナ侵攻の影響で資源価格が高騰し、円安の進行もあって輸入額が膨らみ、輸出の伸びを上回った。

 上半期の輸入は、前年同期比44・5%増で過去最大の60兆5838億円。石炭が前年同期比236・8%増、原粗油が同111・8%増、液化天然ガスが同138・6%増など、エネルギー関連の増加が顕著だった。輸出も同19・6%増で過去最大の49兆5763億円。鉱物性燃料が同176・0%増、鉄鋼が同26・7%増、自動車が同22・0%増だった。

 同時に発表された9月の貿易収支は2兆940億円の赤字で、14カ月連続の赤字だった。赤字が14カ月続くのは、12年7月~15年2月に32カ月連続で赤字になって以来。輸入額は前年同月比45・9%増の10兆9126億円、輸出額は同28・9%増の8兆8187億円でいずれも過去最大だった。

 貿易赤字が続くと、円を売って支払いに必要なドルなどの外貨を買う動きが進むため、さらなる円安の加速も懸念される。【松山文音】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. エンジン、過給器、冷却装置
  3. 純正タービン ZC33S スイフトスポーツ 新車外し
玄武 ダウンブロック 2インチ,
30プリウス G'Sサスペンション,
MAONさん専用mh23s ワゴンR ラパン 車高調 ブリッツ BLITZ,
新車外し GUN125 ハイラックス GRスポーツ サスペンション スプリング,
新品 ラングラー jk  3インチ リフトアップ 2007-2018 簡易取説付