HA36S オールステンマフラー 【驚きの値段】

HA36S オールステンマフラー
用品の種類···ストレートマフラー 対応車種メーカー···スズキ HA36S アルトワークス4WD デフ下 車購入時に付いてきたマフラーです。 車検対応ではないそうで車到着後 すぐに取り替えました。(良い音してます) メーカー不明 サイレンサー取り外し可能 中古品、車検非対の商品となりますのでご理解頂ける方 ヨロシクお願いいたします。
今年8月末にオープンした松屋銀座の「ギンザフローズングルメ」。「銀ぶらグルメ」など名店の冷凍食品が人気だ=東京都中央区銀座で2022年10月13日午後、赤間清広撮影
今年8月末にオープンした松屋銀座の「ギンザフローズングルメ」。「銀ぶらグルメ」など名店の冷凍食品が人気だ=東京都中央区銀座で2022年10月13日午後、赤間清広撮影

 先日、久しぶりに昼の銀座を歩きました。多くの人が行き交い、街は活気を取り戻したようにも見えますが、新型コロナウイルス禍前の水準にはまだまだ遠いようです。完全復活に向けて、銀座を代表する名店の店主たちが懸けたのは、1世紀以上の歴史を持つある技術でした。【経済部・赤間清広】

 「日東コーナー1948」は銀座に店を構えて70年を超える洋食の名店だ。多くの財界人や歌舞伎関係者に愛されてきた。天井高4メートルという開放感あふれる店内は連日、大勢の客でにぎわっていたが、コロナ禍で状況が一変した。

 客足は一気に遠のき、売り上げは以前の1割にまで落ち込んだ。「このままでは、店が潰れてしまう」。5代目店主の竹田大作さん(44)が思いついたのが、こだわりのメニューの冷凍食品化だった。

 厨房(ちゅうぼう)の一角に冷凍ルームを設置し、試行錯誤が始まった。さまざまな食材、料理を冷凍しては、実際に店で食べた時の「再現性」を模索し続けた。

 コロナ禍の中でもがき続ける苦しい日々。一方で、仲間も徐々に増えていった。同じくコロナ禍に苦しんでいた銀座を代表する店もメニューの冷凍食品化に参加するようになった。

 1887(明治20)年創業の老舗レストラン「みかわや」、1924(大正13)年に精肉店として営業を始めた割烹(かっぽう)「吉澤」、そして並木通りに店を構える洋菓子店「ピエスモンテ」――。

 日東コーナーを含めた4店で今年、新たな冷凍食品ブランド「銀ぶらグルメ」を立ち上げた。ちょうど同じ時期、銀座の百貨店「松屋銀座」も地下2階の生鮮食品フロアの一角に冷凍食品売り場「ギンザフローズングルメ」の開設準備を進めていた。

 ギンザフローズングルメがオープンし、「銀ぶらグルメ」など国内の名店の冷凍食品の販売が始まったのは今年8月末。…

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. マフラー・排気系
  3. オールステンマフラー HA36S
xj400d マフラー