V37スカイライン!オリジナルストレートマフラー!チタンカラー 登場!

V37スカイライン!オリジナルストレートマフラー!チタンカラー
商品は37スカイラインのワンオフストレートマフラーとなります! 自己紹介までご確認お願いします! 48.6πの肉厚のスチール製パイプを使用して製作しました! 出口はステンレスチタンカラー100πです 発送時にパイプ部分は耐熱ブラックにて塗装して発送いたします! 出口も純正に比べ大きくなりますので、バンパーのマフラー開口部分のカットが必要な場合もありますのでご理解下さい! 店頭での販売も行っておりますのでオークションを取り消しする場合もあります! 沖縄は発送不可能です! 運送会社の指定はできません。 V36スカイラインセダンでの製作も可能です。
大分市葬斎場の残骨灰の処理について、意見を交わす検討会議の委員=大分市役所で2022年10月19日午前9時14分、石井尚撮影 拡大
大分市葬斎場の残骨灰の処理について、意見を交わす検討会議の委員=大分市役所で2022年10月19日午前9時14分、石井尚撮影

 大分市葬斎場(同市竹中)の残骨灰の処理について、有識者でつくる市の検討会議は19日、灰に含まれる有価金属などの資源を売却する方針を決めた。改訂した指針を12月市議会に報告して、残骨灰の処理や業者の選定基準などを決め、2023年度からの運用を目指す。

 市では13年10月制定の「市葬斎場残骨灰の取り扱いについて」という指針に基づき、遺族の心情に配慮することや永代供養を行うことなどを条件に、熊本市の専門業者に残骨灰の管理業務を委託してきた。

 他都市が残骨灰の有価金属を売却することへ方針転換したことやおおいた市民オンブズマン(永井敬三理事長)から残骨灰処理の契約に関して情報公開請求を受けたことなどから、市は21年度から検討を開始。政令市と中核市計82市を調査した結果、22年6月時点で、仙台市や福岡市、熊本市など計34市で有価金属を売却していた。

 これを受け、市は22年7~8月に、残骨灰に関する市民アンケートを実施。回答した940人のうち、82%の771人が「賛成」「どちらかといえば賛成」だった。

 市は19日の検討会議で「残骨灰に含む有価物の再利用を図る」とした指針の改訂骨子案を提示。委員から「わかりやすい文言に」「遺族に同意書を取るべきではないか」などとする意見が出たが、有価金属の売却に異論は出なかった。

 市は今後、残骨灰の処理方法や得られる財源の使途について検討するという。【石井尚】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. マフラー・排気系
  3. V37スカイライン!オリジナルストレートマフラー!チタンカラー
ヤリスハイブリット R2,2月〜 MXPH10 MXPH15 LEDフォグ