forge ブーストホース MINI R56 LCI N18エンジン用 当社の

forge ブーストホース MINI R56 LCI N18エンジン用
MINI R56LCI (後期)N18エンジン用のブーストホースです。 N14は対応するかは分かりせん。 他社のブーストホースを使用した為、 不要になりましたので、お譲りいたします。 詳細確認、質問などございましたら、お気軽にコメントお願い致します。 MINI R56 forge forgemotorsports フォージモータースポーツ
ロシアのショイグ国防相(右)=モスクワで2022年8月15日、スプートニク通信・AP 拡大
ロシアのショイグ国防相(右)=モスクワで2022年8月15日、スプートニク通信・AP

 ロシアのショイグ国防相は23日、自国が侵攻を続けるウクライナの情勢をめぐり、米英仏トルコ4カ国の国防相と相次いで電話で協議した。タス通信などによると、ショイグ氏は一連の協議で、ウクライナが放射性物質をまき散らす「ダーティーボム」(汚い爆弾)を使う恐れがあると指摘し、英国などはロシアの主張を受け入れない考えを明示したという。

 ロシア国防省は、ショイグ氏がウォレス英国防相との電話協議で、ウクライナがダーティーボムを使う恐れがあると伝えたと説明した。これに対し、英国防省は協議後の声明で、ウォレス氏が「このような主張を拒み、(軍事侵攻を)更にエスカレートさせる理由として使わないように注意を促した」と発表。ルコルニュ仏国防相も協議後に「特に核の分野でのエスカレーションに反対する」との見解を示したという。

 米露国防相の電話協議は21日に続き、3日間で2回目となった。ロシア国防省は前回に続きウクライナ情勢が協議されたことを明かした。米国防総省は「ロシアによるエスカレーションの口実を受け入れず、対話継続の意義を確認した」と説明している。

 ロシアは自国が占領下に置いたウクライナ南部のザポロジエ原発がウクライナ軍から砲撃されているとしたうえで、ウクライナ側が放射性物質の拡散を狙っているなどと主張。ショイグ氏は一連の電話協議でこのような訴えを繰り返したとみられるが、ウクライナのゼレンスキー大統領らは23日、ロシアの主張を一蹴した。【大前仁】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

ニュースNEWS

  1. ホーム
  2. エンジン、過給器、冷却装置
  3. N18エンジン用 LCI R56 MINI ブーストホース forge
RP3 ステップワゴン 純正 ショック一式